プログラマーとSEの違いを簡単に

一口にIT業界の技術者といっても、プログラマーやSEなどさまざまな職種が存在します。プログラマーはJavaやC言語などのプログラミング言語を使って、コードを書くのが仕事です。一方、SEはコードを書くより、システムの立案や設計が仕事のメインとなります。そのため、中にはプログラミング未経験で見習いのSEとなり、経験を積んだらフリーランスのSEとして独立するケースもあります。

それでは、SEにはどんなスキルが求められるのかというと、まず1つがコミュニケーションスキルです。SEはPCに向かって、一人で黙々と仕事を進めていくものではありません。システムの立案や設計、開発などあらゆるプロセスにおいて、クライアントやプロジェクトメンバーとのコミュニケーションの機会があります。特にクライアントがシステムに求める機能やプログラムなど、相手の要望を正確に聞き出せるかが重要です。

また、プログラミングを含むITに関する幅広い知識も必要となります。ただし、プログラマーレベルのプログラミングスキルや知識までは求められないでしょう。SEはチームをマネジメントする役割を担うので、プログラミングの基礎的な知識やシステム開発の流れなどを押さえておかなければいけないのです。

このようにプログラマーとSEでは求められるスキルが異なるので、プログラミングが苦手でもSEを目指すことは可能です。しかし、会社によってはSE自身がコードを書く場合があるので、プログラミングスキルが高いほうが仕事の幅は広がるでしょう。