活躍する分野に応じてスキルアップを目指す

従来は人間の労力で行っていた仕事が、AIや機械よって自動化されることも多くなってきました。自動化は人間の労働力の削減に大きく寄与していますが、それと共に増えたのがソフトウェア開発に携わるプログラマーです。初めは単体機械を動かすものだけでしたが、広範囲の業務のシステム化の進展により、プログラマーの他にもシステムエンジニアやインフラエンジニアなどが加わりました。これは、コンピューターが高度化、複雑化してきたことも一因です。

プログラミングでコードを書いたり、動作させたりするにもITに関するスキルや知識が必要で、これらは切っても切れない関係といえます。むしろ関係するスキルや知識を活かせば、それをベースにさらに広範囲の分野を担当することが可能になります。プログラマーが活躍する範囲は、単にプログラムのコードを書いて、ソフトウェア開発に携わるだけではないのです。

プログラマ―からスキルアップしたSEは、システム全体の設計から開発、導入までのマネジメントも行います。さらに、ハードウェアの導入や保守を行うインフラエンジニアにスキルアップすることもできるでしょう。その他に、Webエンジニアやサーバーエンジニア、フロントエンドエンジニアなど、広い意味でプログラマーの活躍できる範囲です。

このように、範囲がとても広いので、全てを一人のプログラマーが扱えるわけではありません。必要に応じて、それぞれの分野のスキルを身につける必要があります。そして特に必要なのは、自身で必要なスキルを求めて身につけていくという積極性です。