さまざまな分野で活躍できるプログラマー

プログラムとは、コンピューターに対する命令書のようなものです。あるボタンを押すと次の画面が開くなどの、さまざまな指令をまとめたものになります。プログラムを組み立てるプログラマーは、IT業界における需要が高い職種です。プログラミング言語を用いてシステムのプログラムを制作し、完成したプログラムが間違いなく動作するかどうか確認するのが主な仕事といえるでしょう。

プログラマーにはさらにそれぞれに専門分野があり、得意とする分野ごとに細分化されます。最も一般的なのは、システム開発に携わるプログラマーであり、官公庁や大企業に納入されるシステムに必要なコードを書いていくのです。その他には、webサイトに特化した仕事を行うwebプログラマーや、アプリケーションのプログラミングを行うアプリケーションプログラマーなどがあります。さらに、ゲーム開発に携わるゲームプログラマー、家電製品などに対してプログラミングする組み込み系システムプログラマーなども挙げられるでしょう。

このように、プログラマーはさまざまな業界で活躍できる職種です。多くのプログラマーが目指すのは、システム開発を行う会社の社員として働くことでしょう。しかし、広く見ればさまざまな分野を体験できる職種でもあります。

会社の社員として働くプログラマーもいますし、フリーランスとしてさまざまな分野の仕事をこなすプログラマーも少なくありません。プログラマーは汎用性の高い職種ですが、一方で高度な専門性が求められることになります。まずは、特定の分野でしっかりと経験を積み重ねることが重要だといえるでしょう。