プログラマーが習得しておきたい言語とは

プログラマーが活躍するIT業界の会社では、プログラミング言語の習得が必要不可欠です。そもそもプログラミング言語とは、人間がコンピューターを使いこなすために作られました。ネットワークが進化を遂げるごとに、新しいプログラミング言語が誕生するというのが実態であり、その数は200を超えます。

プログラミング言語の特徴は、基本的にシンプルなことです。動詞プラス目的語という表記方法がベースとなっているのは、プログラミング言語の多くが英語圏の国で作られたことに起因します。RubyやJava、PHPなどが代表的なプログラミング言語ですが、いずれもネットワークに精通している人でなければ、その詳細は知らないかもしれません。

仕事や勉強のために本格的にプログラミング言語を学ぶなら、HTMLがおすすめです。Hyper Text Markup Languageの略で、インターネットではお馴染みのwebページを制作にはなくてはならないプログラミング言語といえます。そして、webページをよりよくするには、JavaやJavaScriptもマスターしておいた方がいいでしょう。写真をスライド表示するなど、webページ全体の構成をより豊かなものにできます。

このように、複数のプログラミング言語を習得することで、プログラマーとしての実力アップを図ることができるのです。そこで、JavaやJavaScriptの他にも、C言語やPythonなどの習得を視野に入れるといいでしょう。複数のプログラミング言語を習得できればプログラマーとして活躍の場が広がり、より多くのプログラミングの仕事に携わることができるようになります。